考え方

【辞めてほしい】ネットのコメントについて

こんにちはたけです。

今日はネットニュースの記事を見ていて思った事を書いていきます。

僕は普段、Yahooのトップページをチェックしているのですが記事を開くと色々な人のコメントが表示されます。
記事だけを読んでも僕自身の解釈だけで終わってしまうのでコメントを見る事によって
「そーゆー考え方もあるのか」「世間の人はこういう解釈なのか」
という風に他の人の意見を聞くのに重宝しております。

ですが芸能関係の記事でよく見かけるのですが、
「この人嫌い」「こいつが出てたらすぐチャンネル変えるわ」
みたいなコメントをよく目にします。



それを言う必要あるのかなって個人的には思います。

まぁ、必要かどうかは置いておいて思った事を何も考えずに言っているだけなのでしょうが、、

匿名でコメント出来るという事

本人が思っている事を正直な気持ちで発言出来るのがメリットでもありつつデメリットでもありますよね。

例えばお菓子メーカーが自社のお菓子に対しての世間の素直な意見を求めたりする分にはメリットになると思います。
全ての意見を取り入れるのは難しいとしても、中には痛いところを突いてくる様な意見があって次の製品に活かせる可能性があるというのは良いパターンかと思います。

逆に人に対してはどうでしょうか。
「ここが嫌い」「ウザい」なんて言われて本人がそれをみた時に
「よし、その意見を取り入れて改善しよう!」と前向きに考えられるでしょうか。

世間のほとんどの人が気にしない(コメントをしない)と分かっていても批判的なコメントひとつだけで嫌な気持ちになってしまいます。
本当にごく一部の人の意見だと分かっていても。

僕の例

僕は以前、ニコニコ動画にて友人とゲーム実況をしておりました。
再生数が全然伸びなかったのでそもそもコメント自体、あまり貰えなかったのですが、、、
中には「つまらん」みたいなコメントもあったんですね。

僕から言わせてもらえれば









「再生数伸びてない時点で自分が一番分かっとるんじゃ!」

ってな感じでしたね。

ただ、面白そうと期待してくれてたのにガッカリさせてしまったのなら申し訳ないとは思います。

自分に迷惑が掛かる?

さっきのニコニコ動画の話もそうですが、あなたが観た動画が面白くなかったとして今後あなたの人生に迷惑が掛かるのか・・・?
つまらないと思ったら飛ばして別の動画を楽しめば良いし、テレビに嫌いな芸能人が出てたらチャンネルを変えれば良いだけです。

いちいち否定的なコメントを言う必要がどこにあるのでしょうか。

クレームとは全く別物

クレームとは

「ここが気に入らないから、こうして欲しい」

という改善を促すような意見のことだと僕は思っております。愛を感じますね。
(ただ単にイチャモンを付けて得をしようとするのはクレーマーなので別ですが)

ネガティブなコメントの多くはきっと自身のストレス発散の為なのでしょう。
そこに愛はないですね。

テレビに出演したり、動画をアップしたりする、つまり「発信」している以上は否定的な意見をもらうのは仕方ない部分もあり、それを承知の上で発信しているはずだとは思います。

ですがだからといって自身のストレス発散の為だったり闇雲に人を傷付ける発言をして良い理由にはならないはずです。

そのコメントを受け取った相手も血の通った人間であるということをキチンと理解出来ていれば、安易に人を傷付けるなんてことはしないのではないでしょうか。

誰も幸せにならない批判行為が少しでも減ればいいなと思っております。





ps.もし仮に閲覧人数(コメントしてない人数)と批判コメント数が表示されれば、
「批判している人って僅かなんだ」というのが数値で分かるのですけどね。